【あおいれな】拘束もの – 完全拘束イラマチオ あおいれな

完全拘束イラマチオ あおいれな

全編、様々な拘束具を使用しての完全拘束イラマチオ。

指や巨大ディルドによる喉奥凌●から始まり、M字固定で上下の口を順番に犯し、何本ものチ○ポで連続イラマチオ、水平宙吊り状態にして串刺し3Pファック、大量ザーメンぶっかけイラマチオ、と完全に身動きが取れない女の口をデカマラでひたすら犯し続ける口内拷問。

「完全拘束イラマチオ あおいれな」の本編動画はこちらから

女優名: あおいれな

場慣れしている感じ

イ○ラの作品としては見ごたえあります。

完全拘束と謳っているだけあって、拘束はシンプルなものから最後には吊るしもあって何だかSM作品かとも思うものでした。

ただ、女優のあおいれなちゃん・・・以前に「微笑む口便器」でイマ○の洗礼を受けたためか、この作品では場慣れした感がハンパなくありました。

そのために苦悶の表情もどこか余裕を見せているように演技力で出しているように見られ、垂れ流される口内汁もなんかねぇ~。

イ○ラ作品としては良い企画でしたが、場慣れしている女優さんだとイマイチになってしまい☆マイナス1つで。

なかなか良いが

あおいれなさん・・なかなか良い。

彼女・・スレンダーできれいな身体・・緊縛、拘束向き・・で、全裸拘束がメインの作品によく合っていると思う。

題名のイラマはややゆるめ(拘束の方がメイン?)であるが。

これは好き好きで、自分的にはこれで良いと思う。

拘束には(新しさを出そうとして?)運送用(荷造り用?)のバンドやつり上げ用のフック?を使っているが、これは大失敗・・彼女よりもバンドの方が目立ってしまい緊縛感が全然ない。

麻縄の方が良かった。

もう一つ、ラップは・・拘束されている本人はともかく、視ている者にとっては折角のからだが何も見えないから意味がない。

結局、珍しさだけを追っても結果がついてこない・・ということであろう。

シリーズ化を期待

拘束の種類、女優の表情、カメラアングル、照明すべてにおいて秀逸シリーズ化に期待

拘束もの

スレンダーな女優さんです。

名前の通り,拘束とイラマチオものですが,拘束の方がメインな感じ。

1シーン目,両手を体にぴったりくつけて椅子に拘束し,玩具責めしながら太いディルドイラマチオ。

カポカポといった音はいいのですが,ディルドが太すぎて亀頭部分くらいしか口に含めていません。

せっかくディルドイラマをするなら喉奥まで突っ込み,深く入っている様子がはっきりわかるのがほしいところ。

2シーン目,椅子にM字開脚でイラマチオ。

ゴホゴホといい感じの音はしていますが,挿入は比較的浅め。

後半は挿入して中出し。

3シーン目,棒に手をまっすぐ拘束して仁王立ちイラマチオ。

男優が腰をピストンしたり,自ら動いて深くくわえたり。

深くくわえて口内射精をされていますが,いつの間にか出ているという感じ。

4シーン目,ラップで全身ぐるぐる巻きにされ,電マ責め後仰向けイラマ。

苦しそうにはしていますが,浅めです。

しばらくすると汁男優が来て連続顔射。

5シーン目,後ろ手に拘束し,うつ伏せ状態で上から吊るし,バックからの挿入と前からのイラマチオの同時責め。

口にも出していますが手コキで出す状態。

タイトルの割にはハードさが弱いです。

「完全拘束イラマチオ あおいれな」の本編動画はこちらから

タグ: