【ささきふう香】寺とエロ、ギャップがいい – 色欲 淫の寺

色欲 淫の寺

関東の山里の明治時代からの古い寺に後妻で入った若いオンナをめぐり寺の住職、小僧、檀家にふしだらな風が吹き込む!「巨乳」後妻の奔放な「性」が、古寺の境内を「淫らに」穢す!これが坊主の本性だ!!

「色欲 淫の寺」の本編動画はこちらから

女優名: ささきふう香

浴衣の魔術。

ブスな女でも浴衣を着せるとそれなりに見えるのは何故なんでしょうか?。

きっと柄が派手な為にそちらに目がいってしまうからでしょう。

本来なら浴衣も着物ですが、浴衣の下には何故か皆パンツ穿いてます。

寺とエロ、ギャップがいい

寺の後妻がエロ過ぎる。

住職や小僧、檀家もみんなエロい。

寺という一見聖職者ずらした連中が、実は性職者だったって作品。

主演の後妻よりも、農園でエロ檀家が田舎娘を誘惑し、おっぱじめようとする場面。

素朴にいやらしくて、映画『遠雷』をちょっと思い出したりして・・・肝心なところで親父に見つかって「お前、裸で何してんだ!」って間抜けな台詞がまた笑える。

「色欲 淫の寺」の本編動画はこちらから