【内田桃子(藤原多恵), 荒木すみれ】今回は失敗作です。 – 義母と叔母 第十五章 禁断の極上中出し関係 藤原多恵 荒木すみれ

義母と叔母 第十五章 禁断の極上中出し関係 藤原多恵 荒木すみれ

麗しき義母と淫らな叔母そして息子が繰り広げる淫猥な禁断絵図。

淫乱姉妹と暮らす、華やかで淫らな日々…。

成長期の童貞息子は義母にスケベな想いを寄せている。

それを知った淫乱の叔母は息子を色仕掛けで誘い込み、性行為を遂げてしまう…二人の関係に気付き、はんひする義母に息子はある行動を…。

いやらしい妄想を繰り広げる息子は、昴ぶる感情のままに義母を台所で襲う。

我が子可愛さに断れぬ義母との性交…遂には義母の中で果ててしまう息子…誰にも言えぬ青春の初交尾。

【※画像・音声に多少の乱れがあります】

「義母と叔母 第十五章 禁断の極上中出し関係 藤原多恵 荒木すみれ」の本編動画はこちらから

女優名: 内田桃子(藤原多恵), 荒木すみれ

良作でしょう

義母の肉体に興味を示す息子。

この息子を食べようとする義母が、叔母(妹)に先に息子を食べさせ、その後、迫ってきた息子と関係を持つという定番ストーリー。

台詞、仕草で義母は、息子を誘わず、始めはそれなりの抵抗演技するので、底々の臨場感あり。

演技、台詞回しの指導も行き届いているのは、良いと思う。

また、2人の女優も、ポチャ体型で優しい癒し型で、キャスティングも考えている。

ただ、本作は、絡みのシーンの時間が、叔母、義母で6:4位の比率。

藤原さんの方が見栄えが良いので、叔母を長くしたようだが、やはり、義母の方を長く収録しないと。

それと、2人とも中出し前後の会話のキャッチボール欲しかった。

許容、拒絶にせよ。

また、北野アングルという独特の中出しアングルあるので、義母ゆえもう少し年齢層下げてもいいので、続編出して欲しいが。

特に、デジモで出してくれれば、超嬉しいが。

今回は失敗作です。

義母役の荒木すみれは、ちょっと太り過ぎ。

垂れ下がったぜい肉の多さに性欲も減退してしまう。

また、叔母役の藤原多恵は、終始上半身の下着をつけたまま絡んでいたのが非常に残念。

熟女2人が互いにフェラしあって射精させるシーンが唯一の見どころで、このシリーズとしてはかなり寒い内容になっている。

「義母と叔母 第十五章 禁断の極上中出し関係 藤原多恵 荒木すみれ」の本編動画はこちらから