【大槻ひびき, 川上ゆう(森野雫)】カメラを忘れた妥協なきレズバトル – イチャLOVEレズビアンデート 川上ゆう 大槻ひびき

イチャLOVEレズビアンデート 川上ゆう 大槻ひびき

初のレズ共演となる川上ゆうと大槻ひびき。

料理を一緒に作り、ボーリングにプリクラと1日デートを愉しむ。

本音で語るAV業界の苦悩や喜びを共感し距離が近づく二人…。

川上を尊敬しているという大槻が初のSEXを前に感極まり涙を流すと、優しく包み込むようなキスから全身を舐め合い互いのアソコを擦りつけ絶頂する。

二度目のSEXはよりハードに感情剥き出し!乳首を噛み抓り下品な言葉で責め立て髪を振り乱し互い求め合う!

「イチャLOVEレズビアンデート 川上ゆう 大槻ひびき」の本編動画はこちらから

女優名: 大槻ひびき, 川上ゆう(森野雫)

温かくて泣ける

言うまでもなくセクシーで男性が見ても間違いな満足いく作品女性から見るとまた違った感情が湧いてくるし、本当に心の底からひびやんが尊敬しているゆうさんとの作品共演ということで感情が高ぶるのはわかる…ひとことでは語れないし、あの空気感と2人の間にあるプロとしての向き合い方この作品を見て2人を嫌いになる人はいないはずだし、もっと2人を知りたいって思わせてくれるはずです2人がまた共演した作品が見たい気はするけれど、これを見ちゃうと複雑になる…そんな作品です(伝わりづらくてすみません)ゆうさんの優しさ、ひびやんの可愛さが溢れていて、大好きな女優さんです

最強の2人

この2人のレズが外れのはずがない!買って損なし!特に大槻ひびきが引きちぎってしまうのではないかというぐらいの川上ゆうの乳首をいじる様は最高です。

これぞプロのレズ、ご覧あれ。

大槻ひびきの熱意、川上ゆうの懐の深さを確認してほしい。

真咲監督ならではの飾らない女優さんの素に近い様子を見られるドキュメント作品大槻ひびきさんの強い要望で叶った共演。

大槻ひびきさんと川上ゆうさんが共演するのは三度目。

二人だけは初。

(以下、敬称略)初セックスの場面では、尊敬する川上ゆうへ対する強い想いを打ち明けつつ涙する大槻。

その様子に胸がちょっと熱くなりました。

川上の乳首を舐める大槻の舌使いは流石!大槻の願いを受け入れ、時には受身、時には責役の川上、見事な対応力です。

ラストセックスでは、尊敬する川上に嫌われまいと必死になる大槻。

過去の自分を見るかの如く、優等生的な大槻の殻を破り、自然体を出させようとする川上。

女優同士の激しくも生々しいプレイが繰り広げられます。

ラスト(絡みを終えて添い寝状態)涙を流しつつ、今日一日通して、今の心境を語る大槻。

大槻ひびきファンは、感情(想)を露にする彼女を見て頂きたい。

川上ゆうファンは、後輩女優の良さをどう引き出すのか、見て頂きたい。

大ベテランvsベテラン

大ベテラン川上ゆうとベテラン大槻ひびきがひたすら魅せるこの作品、監督が真咲さんと言うこともあり、とにかく感情に訴えるものがある深く濃いシーンの連続でした。

序盤の2人のデートシーンも業界の話題を交えながらもすごくコミカルで、見てるこっちまでにやけて来ましたね。

デートシーンがもっと長くても良かったかな?と思いましたが、ダラケるよりはきちっと終わって、レズシーンでさらに踏み込んだ会話も聞けて良かったです。

カメラを忘れた妥協なきレズバトル

それぞれの世代を代表する一流女優同士のガチンコのぶつかり合い。

AVの世界に頭までどっぷりつかり、AVに真摯に向き合ってきた2人だからこそ、互いに妥協を許さない緊張感のある内容に仕上がってる。

AV女優として互いに認め合う関係性だからこそ、手抜きをすれば即座に相手に見抜かれることは双方ともに分かっているわけで、カメラに向けてそれらしい画さえ作っておけばいいという緩さは一切感じさせない。

愛情系でもないし友情系でもない、プロ同士の敬意と共感に基づくレズであり、互いへの深い感情を感じさせながら、後に引きずらない一期一会の真剣勝負といった感じ。

2人のレズはこれで完結してしまっていると思うので、第2弾、第3弾があるとしてもこの作品を超えられるのか疑問。

2人がガチ恋にでもならない限り、これでやめておいた方が無難。

「イチャLOVEレズビアンデート 川上ゆう 大槻ひびき」の本編動画はこちらから