【宮崎あや, 美咲結衣】TOHJIROワールド炸裂? – 【VR】レズフィストVR

【VR】レズフィストVR

VRは主観バーチャルがベストとされてきた。

鬼才TOHJIROがゴーグルを付けた時、概念は破壊された。

VRはガチンコハードエロに向いている観る人が透明人間になりベストポジションで現場を体験できるM字宙吊りになったあやのオマンコに結衣のフィストが突き刺さる激しい責めで空中でイキまくるあや愛液でどろどろになったフィストを抜いた時大失禁。

2人がフィスト入れあってエンドレスにイキまくる。

VR革命だ!

※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。

「【VR】レズフィストVR」の本編動画はこちらから

女優名: 宮崎あや, 美咲結衣

素晴らしいです。

DogmaがVRデビューしたのは今作が初めてだと認識しているのですが、デビュー作にしてはレベルが高すぎます。

何度もテスト撮影した成果なのか、単に撮影機材が良いのかわかりませんが、さすがTOHJIRO監督といったところです。

普通は没入感やら画質やらの面で苦情をつけたくなるものですが、本作はどれも素晴らしいクオリティーです。

攻め手がレズ専門のプロなのでしょうか、圧巻の責めです。

受け手も最初は涙を流しながらも、アソコはグチョグチョになっていて潮を吹きまくる感じです。

どちらの女優もレベルが高いので、レズキス好きな方にも間違いなくおすすめできます。

主観ではなく客観でもVRは素晴らしい満足感を与えてくれることは本作で証明されました。

これからもDogmaのマニアックな世界がVRで体現されることが楽しみです。

ガチ。

ソフトな感じが好きなのですが、ガチな感じで怖いぐらいです。

裏を返せば、女優さんの迫真の演技は見ものです。

Oculus Goで視聴

VR動画をよく観るようになってからの2年間、サイズ感や距離感、照明、カメラポジション、男優の鼻息、画質など作品の内容よりも技術的な面に気をとられ過ぎていましたが、この作品を観てAV作品の本来の魅力を思い出しました。

攻められて歪む表情と演技を超えて波打つ女体、これこそ私が好きだったAVです。

カメラレンズを相手にしての1人芝居には限界があるし若い女優さんほど1人芝居が下手なのがVR動画の難点だと思っていたので、これからもどんどん三人称視点での動画を作ってほしいです。

やばい!

縛られてる女体をこんなに近くで鑑賞出来るとは、嬉しい限りです!VRと緊縛がこんなに相性が良いなんて、この手の作品が増えると良いなぁ!

酔うからカメラは動かさないで!

酔うからカメラは動かさないで!ホント!VRの基本!でもこれだけ大量のVR動画が出ている中でハードな内容のVR動画は皆無だったから嬉しい。

今後の継続に期待して★5で

まさに神

かれこれ数十本はVRを見ていますが五本の指に入る名作です。

リョナラーさんとかはかうべき。

秘部に拳を突き入れると反応する肢体…シチュエーションもつり上げ以外にもいくつか用意されており飽きません。

目の前に迫る!

一番最高のVR

dogmaはVRこの1本しか出していませんが、本当に続編を期待しています!よろしくお願いします

「作品を見る」から「VRならではの客観視点の参加」感が半端ない

ここまでのクオリティをVR作品にそのまま移植しつつ、VR臨場感で更に高めた良作。

VR作品を百何本と見てきましたが、「もともとVR作品だから主観視点でなきゃダメ!」とか「カメラは動かさないで!」というものには、まったく抵抗がなく、むしろもっと客観的に見たいと思う勢なので、期待してみました。

もともとドグマさんのレズフィストシリーズはちょっと怖そうで、昔1本見たきりで敬遠していたのですが、VRになったおかげで客観視点であるものの、VRのおかげで『作品を見ている』というよりも『そこに参加している感』が増し増しで没頭感が半端なかったです。

初VR体験時の感動を更新した

主観視点でお決まりの流れに沿ったVR作品にマンネリを感じてきていたころでしたが、本作はとてつもないブレイクスルーをかましています。

凡百の学芸会レベルの演出・カメラワークのVR作品を遥かに凌駕した内容に感動しました。

純粋にプレイ内容がこれまでのDOGMA作品と同程度の高水準であるだけでなく、VRを活かした3人称視点かつ臨場感あるカメラワークは圧巻です。

ぜひ今後もこれに続く作品を作ってもらいたいです。

これがDogmaのやり方かっ!

PSVRで視聴。

視点移動により客観的な目線でプレイを眺めるタイプのVRです。

非HQ画質ですがハードなプレイと没入感により気になりません(むしろ、画質頑張ってます!)。

目の前で展開されるレズフィストプレイは文句なく圧巻!!!今後もDogma作品のVR化を期待しています。

綺麗

唾液、潮吹き、ローションとべちゃべちゃだし、フィストといったハードさでともすれば汚くなりそうであるが、とにかく画面が綺麗。

無機質な部屋というのも良かったのであろう。

とにかく宮崎あやさんがとても綺麗に撮られている。

これ、凄いよ。ただ、やってる事の方が凄すぎて、飽きる。

とにかく導入部にあたる本編-1に度肝を抜かれます。

初めて観た時は、何が起こっているか即座には理解できなくて衝撃受けて、その衝撃を受けたままでフィストって展開ですから。

ただこの部分、技術的には限界だったんだと思うけど、映画的演出が出来てたら良かった気はします。

美咲結衣さんが、まぁ女王様なんですけど、威圧感に嫌な感じがないとこも良いです。

色々なシチュエーションはあるものの、フィストそのものの衝撃の方が大きいのと、バリエーションそのものは多くはないので、すげえな・頑張ってるな・性欲って際限ないなとは思うんだけど、抜けるか抜けないかと言われると、何度でもって程ではないんですよね。

感心の方が先走っちゃう。

宮崎あやと美咲結衣の日常的イチャイチャパートがあると良い箸休めになった気がします。

別の作品見ろよって話だとは思いますが。

VRは主観視点という概念を覆した

アダルトVRの没入感に嵌って、それから多数のアダルトVRを購入してきましたが、ほとんどが(というより、全部)主観視点の動きの無い作品ばかりでした。

酔い対策という意味でも仕方がないことだとは思っていたのですが、この作品は客観視点で動きがあるのに、VR酔いの軽減をよく考えて作られているなと思いました。

VRではない映像よりもカメラの動きが非常にゆっくりで、女優さんを眺めているうちにいつの間にかカメラが動いているような、自然なカメラワークには関心しました。

今後も主観視点以外のVR作品が増えてほしいなと思う作品でした。

で、作品自体の内容についても、VRでは初めてじゃないかと思えるレベルのハードな内容でしたし、レズものということで、おっさんの裸をVRで見せられることもなくてよかったです。

ドグマさんのVRじゃない作品にも、好きな作品(女囚拷問等)たくさんあるので、そういうシリーズもぜひVR化していってほしいと思います。

裸の女優さんとセックスの疑似体験というのもVRの醍醐味ですが、着物などの着衣の女優さんと縄師さんとの掛け合いや、純粋な緊縛映像というのもVR作品にほしいですので、よろしくお願いします。

凄い世界を観てしまった!!

OculusGoにて。

30本を超えるVR作品を観てきましたが、これ凄いです。

本当に凄いです。

VR作品として他の作品とは一線を画するものです。

この値段で、このボリューム(時間)、この内容。

興奮度マックス、これまでのBestofBestと言い切れます。

客観的視点でのVR作品を初めて体験して衝撃を受けました。

固定されたカメラワークではなく、カメラが二人の女優を追っているので、その場で観ているような感覚で二人のプレイを堪能することができるんです。

リアルなんです。

2D作品とは違い、辱められている下半身をから快楽の表情まで舐め回すように楽しむことができます。

プレイの激しさが増し絶叫になると音割れが起きますが、それほど激しいプレイを観ることができます。

責める美咲結衣さんと辱められる宮崎あやさんにドキドキが止まりません。

頬や股間へのビンタあり、乳首を噛んだままおっぱいが形を崩すほど引っ張るプレイあり、フィスト挿入ありで、これまで観てきたレズ作品とは違う、初めての世界がここにはありました。

あやさんが吊られているシーンでは、吊りの浮遊感を感じることができます。

吊られたままフィストファックされ、あやさんの体が眼前でブランコのように揺れて行ったり来たり。

絶頂した後、結衣さんがフィストを抜くと噴水のような潮吹きが続きます。

ここで息子が暴発してしまいました。

拘束椅子での潮吹きはさらに長く激しく、眼前で天井に届きそうな噴水を見ることができます。

拘束椅子で身動きがとれないあやさんの口めがけて結衣さんが潮吹き。

放尿のような量で大きく開けたあやさんの口から溢れ、それをあやさんが飲んでしまいます。

2Dでは感じたことのないリアリティ。

興奮!!最後は立場を変えてあやさんが結衣さんにフィストファック。

同時相互フィストファックで終わりかと思ったら、体位を変えてさらに…。

あやさんはカメラをチラッと見ますが、結衣さんはマジイキ状態でカメラを見る余裕がなくなったのでは…。

同時相互フィストファックを初めて観ました。

すごい!!あやさんのカメラを見る視線となんとも言えない表情にドキッとしてしまいます。

二人とも初めて作品を観たのですが、あやさんの可愛さ表情の豊かさナイスなボディ、結衣さんも美しくナイスなボディ。

あやさんはすでに引退されているようですが、二人の他の作品を観てみたいです。

初めてAV見たときみたいにヌケました

VRをはじめてみた時は相当感動しましたが、結局主観ハーレム物ばかりで、多少奇抜な企画で目を引こうとする作品ばかりになってきた感があります。

「主観以外」の触れ込みに、久しぶりにTOHJIRO作品を見ました。

森下くるみの全盛期以来かも知れません。

そしてまたこれほど、ただのAVで感動する事になるとは。

こちらの作品は、VRエロの金字塔になるんじゃないかと思います。

あのガナリ声も抑えて、徹底的にエロい二人の女を見せる事だけ。

そして二人の女優さんが本当に素晴らしい。

嘘くさい淫語に慣れた耳には、あの全身全霊を震わせるような喘ぎ声は衝撃ですらありました。

縛られた女性を、舐めるように移動するカメラ、その局部をねっとり、じっくりと責める女性の口元から全身のアーチを、VRで存分に見渡せます。

プレイ自体もかなり濃密、2Dで見ても良作に思えただろう思いますが、このVRはもはや衝撃を超えた、何か生まれ変わったような体験とすら感じます。

初めてエロビデオを見た中学生の時のように、信じられないほどヌケました。

リアル・AV含めてこの20年間で最大の絶頂です。

ぜひ、この路線でVRエロスを改革して下さい。

エロにはこんなにまだ可能性があるのだと再確認させられました。

はじめHQではないのが少し残念でしたが、他の事に飽きてスペックで見ていたのかもしれません。

見終わった後にはHQかそうでないか、などどうでも良い程度の差だったと思います。

AVの本質である、本物のスケベを拝見させて頂きました。

ありがとう、製作者さん達。

美咲結衣さんに責められたい

美咲結衣さんがめっちゃ好みでした。

あやになり切って責められました。

最高です!HQではないのですが、とてもキレイに撮れているので画質に拘る方も買って損はないです!

TOHJIROワールド炸裂?

ドグマ作品の初VRです。

視点移動が激しいですが完全主観と言うよりは撮影を真直で見ている感じなので私はそこまで不快感はなかったです。

内容はVRでは初めてと言っていいであろう超ハード作品ですが、結果はさすがのTOHJIRO組でした。

DVD作品では数多く見てきましたが、ここまでVRと相性が良いとは。

拘束椅子パートはドグマ作品では定番で足裏を攻めるシーンはおなじみなんですが、DVDの時は正直「何しているの?」ぐらいの感じだった。

がVRで男優目線で見て初めて足裏を攻めてみたい衝動に駆られましたwwただ気になる点が1つ。

結構な頻度で「遠⇔近」の画面切り替えがあります。

気にならない人もいるでしょうが、いきなりだったのでビックリしましたwwなので-1で星4つです。

今後もドグマVR期待してます?

「【VR】レズフィストVR」の本編動画はこちらから