【平井ゆきな】「制服が…娘」との違いは? – スクールガール ゆきな

スクールガール ゆきな

照れ笑いの無邪気な瞳と、挿入されて潤んだ瞳。

真っ直ぐに真っ直ぐに相手を見つめる君が、戸惑いながらもその口で男性を受け入れる…。

あどけない素顔で貪欲に「入れて欲しい…」と求め、唾液が溢れる位に男根にしゃぶりつき、我を忘れて快感に酔いしれる。

ウブな少女とは思えない程に快感に敏感に痴態を晒す変心ぶりに感動!!

「スクールガール ゆきな」の本編動画はこちらから

女優名: 平井ゆきな

並の女子校生。

パケとは違うが、普通の女子校生とやると思えば使える。

肌は白く、胸は並少し以下。

(貧乳に近い)かわいくはない、やるだけの女。

声はしっかりしている。

使ったシーンは、チャプター3のみ「入れてほしい」で始まる。

フェ○、正常、騎乗、バック、正常、口内、掃除。

スカートは取らずに最後までやる。

「おち○ち○があたってる」「いっちゃう」「気持ちよかった」

「制服が…娘」との違いは?

「制服が似合う素敵な娘」の、サイレントなハメ撮り作品ゆえの欠点を補うのがこの作品です。

まず会話によるコミュニケーションがあります。

ゆきなちゃんの可愛らしい性格がよく描写されています。

それに何より、映像が鮮明でカメラワークが良い。

ファックシーンの臨場感は残しつつ、オーロラのハメ撮り作品につきまとう「見にくさ」が修正されている。

ですから、平井ゆきな初心者やオーロラのハメ撮りが苦手な方には、むしろこちらをオススメしたいです。

ゆきなちゃんと言えば「ぷりぷりの豊尻」。

鮮明な映像で迫力あるヒップショットが撮れています。

さらには、この当時のオーロラはモザイクが特に細かくて、お尻の奥の映像はさらにスゴい迫力です。

またタップリと舐めさせられるフェラシーンも、見どころでしょう。

「スクールガール ゆきな」の本編動画はこちらから

タグ: