【平山薫】牽強付会だけれども – 職人と人妻 〜日本が誇る伝統の性技〜 平山薫

職人と人妻 〜日本が誇る伝統の性技〜 平山薫

古くから伝統工芸で名を馳せたとある山間部の村…。

夫が役所の地域振興課に勤めている為、普段から職人と接する事が多かった薫は大工職人・板倉と夫の目を盗み逢瀬を繰り返していた。

板倉の無骨で漢気のあるセックスでしか満足を得られないような身体に変化していく自分に戸惑いを隠せずにいた薫だったが…。

ある日、慰安旅行を控えた職人達を家に泊めることになる。

迎えた当日、血をたぎらした職人が次々と薫の家を訪れ…。

「職人と人妻 〜日本が誇る伝統の性技〜 平山薫」の本編動画はこちらから

女優名: 平山薫

イイ女

うーん女体盛りいいですね。

平山さんきれいでいて美乳でいいですね。

みてるだけでちんぽが疼く

硬めの乳だが、揉みはしっかりしている。

女優は綺麗でも可愛くもない。

乳も見た感じ硬そうだが、男優がしっかりと鷲づかみで揉んでいる。

本番も男優が思う存分好き放題やっている感じで、最近のピストンだけ激しくするそこらの台本作品とは少し違う。

本能的で良い。

より現実に近い、好き放題セクロスor無理矢理セクロスといった感じで、レ●プにも近い感覚。

こういった本物作品を今後も期待する。

くだらない

無意味で余計な設定が邪魔をしてせっかくの女優を台無しにしている。

薫嬢に免じてこの評価。

どうせならSM作品にも出演して欲しいですね

薫さんは風貌と同じく責められ上手な、「真のM女」なんでしょうね…。

巨乳で美形なおっとり系。

言う事ナシなM女です。

凌●される為に産れて来たと言っても不思議じゃない位「ヤラレ役」が板に付いています。

おっとり系美形AV女優って数少ないですが、薫さんは希少価値の有る「ヤラレ女優」ですね。

当方はまだ観た事が無いですが、痴女役の薫さんって思いっきり違和感が有る様に思えます。

今作は色んな職人がその職業の特性を活かして、薫さんを凌●しまくる作品です。

本番が3回有るのは標準的ですが、最後の訳のわからない責めが無ければ4回の本番は可能だったのでは?ストーリー上どうしても外せないシーンとは思えなかっただけに、制作者のこだわり過ぎや過剰な自己主張が邪魔をしているのかもしれませんね。

とにかく、薫さん「だけ」が非常に良かったのでこの評価にしました。

騎乗位上手

タイトルが、古風であまり期待はできませんでしたが三島監督なので日本人の琴線には、触れていると思います。

三本番、一、他のやりかたも丁寧にしてあります。

本番中のカット割りもわざと昭和風に、してあるのかな。

薫嬢のSEXのうまさは良くでている。

好きな女優なので星四個。

平山薫が職人達に色々な道具で凌●されるところエロかったですね。

平山薫さん久しぶりに見ましたが乳房大きくてムチムチの身体で冒頭からミニスカいいですね。

地域振興課長の妻でエロさを出していて見所~4人の職人達から道具を使い凌●されるところ。

内容前半~大工に迫られミニスカパンティ丸出しで応接台の上で乳房&マ○コをカンナや木鎚で責められマ○コクンニ.指責め褌でイラマ.柱でアナル丸見えで立ちバック.騎乗位.バック.正常位でザーメン胸射!絡み長いけど平山さんの喘ぎ声が大きくてエロい。

見ていて興奮しましたね。

中盤~職人達を家に泊める事になり職人の使う色々な道具(筆.棒)等で責め捲られ後半~寿司職人(花岡じった)からは赤褌姿の身体に寿司並べられ試食..マ○コクンニ.指責めWフェラ.色々な体位で凌●..と全編平山さんが職人達に凌●され捲りエロかったですね。

牽強付会だけれども

「職人と人妻」などと聞くと、はなから牽強付会な内容を想起させられ、期待感も薄いものである。

案の定、大工職人が鉋(かんな)と木槌を所在なく女体に蠢かすシーンには、失笑するしかなかった。

やはり、こじつけだ。

何かお題を与えられて、苦し紛れにでっち上げている咄家のテイタラクを思わしめる。

別にそのような不自然な試みをしなくても、単純に濃密な人妻ものを展開しさえすればいいのではないか?小生のような安直マラにとっては、平山薫の騎乗位さえエロく撮ってもらえればそれだけでいいのである。

奇を衒った内容など、しまいには収録時間を喰うだけの、邪魔なものでしかないのだから。

…まあ、白ぽちゃ爆乳があれだけ拝めりゃ、いいとするか。

「職人と人妻 〜日本が誇る伝統の性技〜 平山薫」の本編動画はこちらから

タグ: