【愛須心亜, 彩城ゆりな】なかなかないよ – ●な恋レズビアン 愛須心亜 彩城ゆりな

●な恋レズビアン 愛須心亜 彩城ゆりな

自分のコトは相手の方が良く知っている。

プライベートでの大親友が、初めてのレズ体験をした時に感じたのは、友達とは違う感情、SEXとは違う気持ち良さ。

一番好きだから、一番気持ち良くなれた。

ドキュメントとドラマで見せる2通りの純愛レズビアン。

「好きだから絶対イカせたいって思った」

「●な恋レズビアン 愛須心亜 彩城ゆりな」の本編動画はこちらから

女優名: 愛須心亜, 彩城ゆりな

綺麗な純愛レズ。

シーンは全部で3つ1.私服でレズ台本無し、演技無し。

とりあえず、素で絡んでみた、という感じ。

こういう、明らかに演技指導していなさそうな絡みを入れる作品って多い。

でも、イマイチ盛り上がりに欠けることが多い。

今回も、このシーンはイマイチ。

2.制服でレズ初恋の純愛っぽいレズ。

切ない恋心満載。

初々しさ前回で、非常に良い。

制服も、徐々に乱していく。

3.全裸でレズ全裸で、ベットの上でレズ。

シーン2の続き。

女性の肌が、とても綺麗に映っている。

ツインテールの女の子が全裸にされて責められるのって良いですね。

これもまた、良きレズシーン。

純愛っぽさは満々ですね。

作品のレベルは高いと思います

道具無し。

絡みはソフト。

愛須さんは女の子好きな感じを持っているが彩城さんは愛須さんを好きな人って感じがしました。

ドキュメントあり、ドラマ有りで脚本や作品構成は質が高い物だと思われます。

幼さ恋とありますがそんなにロリロリはしていません。

絡みで攻め受けのメリハリをもう少し付けて欲しかったです。

抜くためだけに見るものじゃない

エロいシーンで高まって抜くと言うより、ドラマ仕立てな感じ。

百合が好きな人にはいいかもしれません。

濃厚なレズプレイが観たい人にはオススメできませんよって点数は半分です

親友同士の「レズ」を超えた感動的な作品

二人は親友同士で、かつマシュマロ3Dのメンバーとしてアイドル活動をしている。

つまりお仕事の一部も一緒に共有している。

だからなんですよ。

二人の世界には男性は不要。

男性が入る余地は無く、仲睦まじき所をこっそり見せてもらった、って感じ。

1回目の「台本無しかも」のHはお互いが気持ちを確かめ合って、のシーンが目立った。

しかし、3回目の「台本無しかものH」はそのシーンが余り目立たなかった。

これは1回目を経験している分、よりお互いが分かった結果だと思ってる。

3回目のHの最後に感動が隠されてます。

お互い相手を見つめながら涙を、ね。

それにしても、フリートーク、ドラマでのトーク、最後のトークを含め、目に涙が溜まりました。

親友同士、って事もあるんでしょうけど、ホント気持ちが入ってた。

お互いがお互いを思う気持ちが人を感動させる。

素晴らしい事だと思います。

なかなかないよ

展開的にエロティシズムはあまり感じないが二人の初々しさや「愛」ではなくお互い頑張ろうね的な感じがある意味とても良く感じた。

あまりお目にかかれないレズ作品でこの評価でいいと思う。

「●な恋レズビアン 愛須心亜 彩城ゆりな」の本編動画はこちらから