【有栖るる, 皆月ひかる, 泉りおん, 冬愛ことね, 平花】悲劇ではないロ〇ナンパもの – 午前10時 学校どうしたの… 5人の少女が体験した悲劇の快楽 4時間

午前10時 学校どうしたの… 5人の少女が体験した悲劇の快楽 4時間

問題作、待望のベスト版。

まだあどけない少女に迫る悲劇。

優しかったおじさんが突如豹変、少女の小ぶりで柔らかな幼い身体が貪られる…。

止まらない快楽責めに少女は顔をゆがめて抵抗するが、次第に未知の快感に身体がとろけはじめ…。

凌●交じりの執拗な愛撫に、未熟な身体はやがて熱い肉棒を受け入れ始めた…。

薄い胸、柔らかな頬、小さな尻、未発達の恥丘。

その全てが歪んだ大人の毒牙にかかり、溶けてゆく…。

「午前10時 学校どうしたの… 5人の少女が体験した悲劇の快楽 4時間」の本編動画はこちらから

女優名: 有栖るる, 皆月ひかる, 泉りおん, 冬愛ことね, 平花

もっとイヤイヤ感がほしかった

学校行かずにフラフラしてる弱みにつけ込んで無理やりH、とイメージしてたんですが違いました。

ごく普通にHしてました。

街頭で声をかけるところから始まるんですが、その時点では私服というのがガッカリしました。

それだとそこから制服を着せる流れがどうしても不自然になってしまうので星を一つ減らしました。

女優さんはロリ体型で統一していました。

人選は悪くないと思いますが、どうしても冬愛ことねの顔が深海魚に見えてしまうのでさらに星を一つ減らしました、すみません・・・

悲劇ではないロ〇ナンパもの

まず、技術的な問題として、シーンごとに録音レベルが違うのが煩わしいです。

1作品だけなら失敗したのかと思いますが、すべて同じようにシーンによって録音レベルが違います。

学習能力ないのかと。

展開は、タイトルの通り、学校に行かず街をうろうろしている制服姿の女の子にNPO法人の人間と言って声をかけ、ホテルに連れ込んで話を聞いて、そのまま●す、という展開です。

謎なのは、女の子を物色するときは複数の男で物色していてそのまま集団レ〇プという展開かと思わせながら、ホテルに入ってからは1対1という展開です。

残りの男はどこに行ってしまったのでしょうかw女の子はみんな、黒髪で胸が小さく、下着も純白系ジュニア下着で及第点です。

でも、紹介文のような「悲劇」の展開を期待すると物足りません。

一人目はまったく抵抗なし、二人目もほぼ抵抗なし、三人目から五人目は若干抵抗、という感じです。

また、全員最後はアヘアヘいう展開も同じです。

ナンパものとしてもレ〇プものとしても中途半端な感じですが、軽いレ〇プものが好きな人はいいかもしれません。

私は重いのが好きなので星3個。

「午前10時 学校どうしたの… 5人の少女が体験した悲劇の快楽 4時間」の本編動画はこちらから