【架乃ゆら】妖艶なエロス架乃ゆら – セックスシンドローム 極 架乃ゆら

セックスシンドローム 極 架乃ゆら

あどけない顔からギャップある淫乱セックスが魅力の’架乃ゆら’本作は彼女の素のエロスを徹底的に引き出した作品。

禁欲させた彼女を一日中いいなりに。

素を曝け出せる環境で彼女が見せてくれたのは性欲剥き出しでSEXに没頭する姿。

絶え間なくチ○ポを求め、頻繁に絶頂し、潮も体液もダラダラ…。

最も淫乱で、はしたない姿を収めることができました。

「セックスシンドローム 極 架乃ゆら」の本編動画はこちらから

女優名: 架乃ゆら

魔法の靴

先ず単純な演出ミスから。

架乃ゆらさんが玄関から靴を脱いで部屋に移動する次のカットでは何故か靴を履いている。

いつの間に履いたのだろうか。

この話では「貞操帯」がキーアイテムになっている。

貞操帯を強調するならパンストでは無くて素足かガータストッキングだろう。

貞操帯の歴史は古く十字軍の遠征の時に恋人や妻に着けさせたと言う。

でも当時合鍵屋が繁盛したそうだ。

本物の貞操帯は女性が常時着用できるように排泄や生理のための穴が空いていて膣用の穴には何も挿入できないように刃物や釘が仕込まれていた。

本作品にはこの貞操帯のリアリティが無い。

せっかくの良いアイテムも凡庸な監督によってぶち壊しになる。

最後に貞操帯を装着するシーンではもっと丁寧にしっかりと装着して欲しかった。

本来せいぜい星2個が良いところだと思うが架乃ゆらさんの頑張りに星4個にした。

こんなに可愛い子が、まさか、こんなことまで

架乃ゆらさんは、この作品でも、とても可愛く、美しく、あいくるしい。

撮影されている行為は「まさか、こんなにあどけない子が、そんなことまで」と思えるほど激しいが、演出の意図に合わせた誠実な表現で、はしたないが、だらしなくはなく、内在する上品さや清楚さは、かえって際立つ。

また、今回の作品では前月発売の「相部屋」と異なる角度からの場面が多く、続きものではないが、結果的に、相互に補い合うようなところがある内容になっている。

場面転換時に挿入されるイメージシーンは、はっとするほど、鮮やかだ。

いろいろ工夫されていると感じた。

最初に服は着ていてほしい

ゆらさんいいところは『清楚なのにどエロい』『肌が綺麗』な点だと思います。

その利点を最大限活かすにはまず最初に服は着ていてほしいです。

清楚系のあの子が、、、というのがいいんです。

最初からエロいコスや裸だと魅力が半減です。

それ以外作品は素晴らしいです。

可愛いイメージが豹変!!

架乃ゆら嬢のガツガツに飢えた性欲が、ただただ、すごい!の一言です!!本気ですべてを解放させていました!!すんごいポテンシャルですね!!卑猥色のア○ルぴくぴく、顔射でがっつり汚されたエロ顔!!可愛いイメージが豹変しました。

これはオススメです!!

オール主観では抜くに抜けない。唯一、フェラ三撃大量顔射シーンのみ

超ウルトラ激カワ架乃ゆら出演作で期待したが、まさかの全編主観作とは。

どんな男にハメられているか解らない主観作では抜きものにならない。

見どころは大量一撃、二撃、三撃射精のフェラ顔射シーンぐらい。

この汁男、是非本編男優に昇格させて欲しい。

これ、もしえっちな漫画だったら目がハートになってると思う

清楚系衣装を身にまとった架乃ゆらちゃんの耳、頬、くちびる、と順に触れていくシーンから始まる。

もちろん無抵抗。

というより軽く反応すらしてしまっている様子から、これから起こるであろうはしたない行為への期待が高まる演出。

絡みは3回、フェラ抜きが1回、オナニーシーンが1回の構成。

男優の顔はほぼ映らず、主観シーンが中心か。

1回目は玩具で焦らしてからの性欲解放SEX。

彼女の従順な態度とセリフ回しが素晴らしい。

お口に射精された後、満足そうにうっすらと笑みを湛えた姿もエロい。

続いてフェラ抜きのシーン。

カメラ目線が多く陶酔したような表情が魅力的。

2回目は全裸+ローションという姿で洗濯物を干す架乃ゆらちゃんに玩具でイタズラ、からのSEX。

騎乗位のシーンでは献身的な姿のゆらちゃんが見られる。

後半の激しい四つん這いバックは今作品中屈指の見どころ。

続いてオナニーシーン。

冒頭の裸体を弄ぶシーンが良い。

チャプターではオナニーと書いてはあるが内容は玩具責めと半々ぐらい。

3回目は名称不明の変態チックな衣装でのSEX。

促されてオナニーを始めたりと引き続き従順な姿勢はそのままにSEXに没頭していく姿がエロい。

演出について。

セリフ回しが良い。

ワードの長さ・頻度も悪くない。

発音が舌足らずになるのもリアリティが感じられて良い。

前述のとおりカメラ目線が多め。

特にフェラのシーンではこれがかなり効く。

イメージシーンも良かった。

特にブルーのロングスカート姿のシーンは綺麗で好き。

プレイ内容との対比が効いてる。

暗い!との批判を見越して明るさを調整したのか、映像が白っぽくコントラストが低めになっている箇所がいくつか。

メリハリのある映像を意識して調整するか、撮影時に対処を。

総評。

おとなしめな出で立ちと淫乱ではしたない姿とのギャップ、SEXを懇願する姿、そしてうっすらと悦びの笑みを浮かべる表情が印象的。

また、基本受け身の姿勢だが、騎乗位などではご奉仕的なプレイもあり、受け身一辺倒でないのも良いバランス。

久しぶりのプレイものということでしたが、良いエロの表現でした!素晴らしい!

性交症候群という病に侵された架乃ゆら

セックスシンドローム。

性交症候群。

架乃ゆらさんのセックスに対する本音を彼女の幼くも妖艶でエロス満点な体で表現した本作。

この作品を見てまず初めに感じたのは、見始めてすぐ股間が勃起して心の奥底にある自身の性的欲求が高まった事だ。

AVの本質とはこうあるべきという事を、架乃ゆらとうさぴょん監督が示してくれたと思う。

昔のAV作品といえば、女優の喘ぎ声も観てる方が分かるほどわざとらしさがあり、それもまた当時のエロスを追求した姿だったのかも知れないが、昨今のAV業界では通じないと個人的に思う。

そういった点では、今作は架乃ゆらの性的欲求と刺激に真正面から向き合っている姿は、ファンとして興奮をかき立てられる。

内容は、作品を見ていただければ分かるので、詳細は記載しません。

彼女が純粋に性に向き合っている表情や感度満点な体を見れば、架乃ゆらがAV女優という職業を選んだかが垣間見える。

S1のドラマ女王という冠を与えられた彼女が好きな人には少しハードな内容で、女性ファンにはハードルが高いかも知れないが、彼女が性とどう向き合っていて、これが私の本性だよというメッセージを受け取るには持ってこいな作品だと思います。

うさぴょん監督。

ツンデレゆら嬢やベロベロ性交、異常なる大絶頂など、架乃ゆら作品に数多く携わっている。

エロスの極みを知っている監督それが、うさぴょん監督。

男のロマンを叶えてくれる良作でした。

素晴らしい

貞操帯を外してからの解放されたエッチがエロエロだった。

名作です。

妖艶なエロス架乃ゆら

本作品はセックスシンドロームというと症候群ですか、架乃ゆらがスケベなボディでエロスを魅せてくれます。

ちなみに本作品は美尻を魅せたり、美乳を魅せたりする色んな構図があって造りに拘った感じがありました。

杭打ちピストンする美尻が波打つ肉厚にエロをそそる!卑猥な喘ぎ声もスケベでエロスを放ちまくる妖艶なボディが揺れる架乃ゆら。

これはオススメ作品ですね。

「セックスシンドローム 極 架乃ゆら」の本編動画はこちらから

タグ: