【栗原ゆうこ, 松下紗世, 加藤ツバキ(夏樹カオル)】ツバキさん目的でレンタルしてみたら・・ – 感じてしまった・・ 力づくの和姦体験談4

感じてしまった・・ 力づくの和姦体験談4

欲求不満な人妻たちは言葉では嫌がっても・・肉体はサオを受け入れてしまう。

拒否したのに強引にやられる背徳感の裏には満足できていない夜の生活があった。

3人の和姦体験談をお楽しみあれ。

「感じてしまった・・ 力づくの和姦体験談4」の本編動画はこちらから

女優名: 栗原ゆうこ, 松下紗世, 加藤ツバキ(夏樹カオル)

☆7つでも良いと思う

3人とも、いいけど、特に二人目の松下嬢、どこにでもいそうな女性で、2回目のカラミ、最高だね、それと、顔のアップが多いからどこで抜いてもいけるんで、我慢に苦労するわ

確かにタイトル通りか

強引に迫られてすぐ許してしまう流れ。

はぎ取るように下着を脱がして挿入すると、すぐに感じ始める展開。

確かにタイトル通りなのだが、もう少し抵抗するとか感じるのを拒絶するような態度が欲しかった。

女優が声を我慢しているところに男優の声ばかりが聞こえるのも気になる。

ツバキさん目的でレンタルしてみたら・・

加藤ツバキさんはやっぱり顔も身体も美しい。

犯●れ顔がたまりません。

泣き、歪んだ表情からは清楚さは消し去られ、ヤメテという懇願は間違いなく弱々しさを露わにしちゃいます。

すすり泣く声と快感に耐える吐息が、快楽の喘ぎに変わっていくんです。

僕はツバキさんを勝手に「犯●れ女王」と呼んでいるんです。

興奮度MAXです。

それに僕は、大発見をしちゃいました。

第一話、第二話は昭和の設定なんだと思うんですが、昭和の主婦は、パンストがない時代なのか、栗原ゆうこさんも松下紗世さんも、いきなり抱きしめられ押し倒されると、先ずパンティーを脱がされクンニをされちゃうんです。

今だと、パンストを脱がせるのが厄介だから、まず胸を揉み、唇を奪うのが常道ですよね、良い時代だったんですね。

それと、フェラも屈服させるためではなく(無理矢理突っ込む感じではなく)男を奮い立たせるためのものに感じました。

AVで昭和を知ることができちゃいました。

「感じてしまった・・ 力づくの和姦体験談4」の本編動画はこちらから