【橘祐子, 持田茜(しじみ)】借りて良かった。 – 少女の白い肌 愛玩淫交Vol.2 持田茜 橘裕子

少女の白い肌 愛玩淫交Vol.2 持田茜 橘裕子

「茜…だす」田舎から売られ遊女になった娘・茜。

か弱き生娘の怯える姿態に欲情する男たち。

「お前はこれから汚い女になるんだ!」恐怖と痛みの中での処女喪失…同郷の見習い竿師に抱く淡い想い…そして陵●生板ショー…他人の前で恥部をさらし、嗚咽が漏れるほどチ○ポを深く呑み込まされ、ベテラン竿師の愛撫と絶倫にこぼれる涙と羞恥の愛液!!

「少女の白い肌 愛玩淫交Vol.2 持田茜 橘裕子」の本編動画はこちらから

女優名: 橘祐子, 持田茜(しじみ)

新人遊女と竿師見習いのセックス哀歌

年若い遊女の哀しき性を描いた「愛玩淫交」シリーズの第2弾。

前回に引き続き、置屋の女主人役に実力派熟女「橘祐子」を迎え、ヒロインの遊女役は「大沢佑香(晶エリー)」から「持田茜」へとバトンタッチ。

ある日、場末の置屋に、「茜」という名の無口な少女と竿師見習いの若い男がやって来る。

女将が竿師見習いと濃密なセックスに耽っている間、茜に目をつけていた女将の愛人が彼女を別部屋でたっぷりと強●する。

事後、そのまま風呂場へと直行すると、泣きながらマ○コを洗浄する茜。

その後、先輩の竿師に入れ知恵され、茜を「マラで抑え込もうとする」竿師見習いであったが、身の上話をしているうちに、二人の間に淡い恋心が芽生え始める。

薄幸の遊女を演じる茜嬢の「今にも壊れそうな」可憐な演技も素晴らしいが、「セックスのすべてを知り尽くした」祐子嬢演じる置屋の女主人の存在感が際立っている。

こんなもんでしょう

何も言うことはありません。

若い方ならともかく、オバサンのカラミはいらんでしょう。

見たくもありません。

借りて良かった。

茜さんて演技上手なんだ、って何だか感心してる自分がいる。

ちなみに、タイトルには余り拘らずに茜さん見ながらシコシコ....どうぞ!

「少女の白い肌 愛玩淫交Vol.2 持田茜 橘裕子」の本編動画はこちらから