【浅乃ハルミ】アナルは良いけれど – アナルでハメたい巨乳ナースの深夜徘徊 浅乃ハルミ

アナルでハメたい巨乳ナースの深夜徘徊 浅乃ハルミ

Gカップ美巨乳ナースのアナルが疼く夜間勤務。

お口もマンコも寂しいけれど、お尻の穴はもっと寂しいスケベな肉体ハメたい本能。

夜な夜な院内を徘徊し、夜●いに誘惑を繰り返す!バキューム吸引、マンコピストン、AFピストン、今宵はますますズッポリ味わいたいから、2穴まとめてサンドウィッチで味わいます!

「アナルでハメたい巨乳ナースの深夜徘徊 浅乃ハルミ」の本編動画はこちらから

女優名: 浅乃ハルミ

美人の看護婦さん

ナースで痴女って自分的に大好きな設定。

白衣も良く似合ってるね。

患者さん相手にいろんな場所でイヤらしく挑発しちゃう。

セックスはマンコで1回アナルで1回最後に2穴。

自分からお尻に欲しがるんだけど、予想したほど淫語が多くないのは物足りない。

浅乃ハルミ自身の感度が良すぎて芝居どころではなくなってしまう感じ。

最後の中出しが中途半端に突然終わるのも残念。

がっかり

短編シーンの総集編だが、各シーンの入りの台詞(特に男優)があまりにも少なすぎて、全く臨場感が無く、つまらない作品。

確かにこの会社、台本下手だが、本作はあまりにもひどすぎる。

主演の浅乃さんも、その辺りが気になり、やる気が出ないようです。

ナースは教師と並んでアナルコスプレ(アナル職業)がもっともはまる役柄だけに、作品の出来にがっかりしています。

喘ぎ越えの甲高さがマイナスな作品

ともかくSEXまでが長い。

フェラに至っては吟味すると言えば聞こえがいいかもしれませんが、無駄に長く肝心のSEX、アナルも評価点ではない。

喘ぎ越えもスピーカーがビリビリ鳴るだけ甲高く、和姦なのに中途半端な絶叫としか表現できないのがマイナスポイント。

唯一よかったと言えるのは、下になっている男優にもたれ掛かったときの乳の潰れ方。

ジャケットではかなり垂れているようにも見えますが、無意味に垂れ下がった乳ではない綺麗な潰れ方をします。

深夜の玉井病院

心霊スポットの噂が絶えない廃病院での撮影、しかも夜間。

出演する女優は美形だがやや昭和チックな容姿で、部屋は薄暗く男優も死神博士然とした異様なムードを醸し出し、その独特のおどろおどろしい雰囲気が往年の新東宝や大蔵映画のピンク映画を髣髴。

前半にその男優とピンでAFしアナル中出し、後半に3P二穴ファックでマ〇ポ&アナル連続中出し。

仄暗いトーンのアナルもの。

アナルは良いけれど

やらされた感が出て、アナルSEXも台無し。

Wフェラなんて初心者レベル。

アナルの素質は最高なのにイマイチ活かせてないな~

「アナルでハメたい巨乳ナースの深夜徘徊 浅乃ハルミ」の本編動画はこちらから

タグ: