【結城リナ, 神谷ひとみ, 芹沢明菜】笑える>抜ける – 一日中ハメながらAV撮影できんのか

一日中ハメながらAV撮影できんのか

ある企画の為に集められたAV女優達。

一見普段と変わらない撮影なのだが、その全ての情景においてマ○コにチ○ポが抜き差しされ続けている!「感じてはいけない」と命令され平然を装うも、マ○コに注がれ続ける気持ちイイ刺激に切なげな表情を浮かべる。

羞恥に歪むオンナの表情を見よッ!!

「一日中ハメながらAV撮影できんのか」の本編動画はこちらから

女優名: 結城リナ, 神谷ひとみ, 芹沢明菜

結構笑えます

エロ男子の妄想を形にしたような作品ですが、普通に食事しておしゃべりしている間にも、パンパン音が響き渡るシーンはシュールな感じがして面白いです。

一人のモデルさんは感じやすいようで我慢している姿がけっこういいです。

企画としては、面白い

何をしててもハメられっぱなしって言うシチュエーションがもうシュール。

ただ画が間抜け。

衣服を半分ずり下げた状態でハメながら歩くからやらしいとか思う前に笑っちゃう。

どうせならスカートやパンツに穴をあけて本当に普通にしているんだけど入れられてるみたいな方が興奮したかも。

教室のシーンなんか女優さん達笑ってるのに男優さんがニコリともしない。

あれ一緒になって笑ってたら中折れしちゃうからなんだろうなぁとか余計な事を色々考えてしまう。

面白いと思うけど抜けるかって言うと万人向けじゃない。

企画モノAV史上に残る傑作

本番中以外も常に「マ○コにチ○ポ入れっ放し」という前代未聞の企画である。

「現場入り」の時点で、すでに「ハメ状態」なのだ。

メイク中も騎乗位でガンガンに突かれている。

当然、打ち合わせ中もパコパコ。

弁当食ってパコパコ。

トイレでもパコパコ。

体操しながらパコパコ。

そして、こんだけセックスしておきながら、さらに本番でパコパコ。

もうすごすぎて笑いが止まらない。

もはやマ○コにチ○ポが刺さってるほうが「人間本来の姿」に見えてくる。

こんなおバカな企画を考えた甲斐正明は、やっぱり、「天才」である。

間違いなく、企画モノAV史上に残る「傑作」。

おそらく、女優達のマ○コは撮影後ガバガバ。

見るまで星4つ

良くも悪くも企画モノ。

見るまでの期待が大きくて、始まってみるとヌクのがどうでもよくなる内容。

120分も尺があるがすぐに飽きる。

ヌキたくなったら残り4分の1くらいまで飛ばそう。

たいしてやらしくもない、ハードでもないカラミに与れる。

おもしろい趣向の作品

はめてる人は完全に無視して進行するのも、おもしろい。

ハメながらのメイクはしにくそうね。

着替えながらのところは、ちょっと興奮しますね。

最後のSEXは、今まで我慢してきたものが全部出てくる感じで、とても興奮しました!

無理だろ、普通

一人かわいい娘がいますが内容が予想通りで…わかっていながらいざ見てみるとおもしろくない。

このてのがホント好きならいいかもね。

企画は面白そうだけど

つねにハメながらですが、女優は普通の顔をしているし、楽しそうでもないし、つまらないです。

期待はずれです。

芹沢明菜ちゃんがいい!

企画だけの内容ですが、3人の女優さんがいきいきとしていて魅力的に見えました。

中でも芹沢明菜ちゃんが清楚なのにHで、スタイルも抜群でイチオシです!

普通

常に入っているような状態で、平然を装う姿はなかなか、面白いと思った。

企画は

まあ、企画は良かったと思います・・・・でも女優陣がエッチをしていない、みたいなこと言ってて男性陣をほとんど無視ってところが面白みに欠けましたね^^;

期待はずれ

入れて、感じてない女優をみても、ヌケない。

学園シーン途中から、グチョグチョ感を期待したんだけど。

偉作?

抜けるのは最後の感じることが許されている絡みだけ。

それ以外はアンアン感じながらはめているのではない。

その部分はAVとは言えないかも知れないが、一種のパロディーとでも思えば面白いかも知れない。

笑える>抜ける

結城リナが好きなので見ましたが、ほぼバラエティに終始してて、最後にふつうの絡みがある程度。

途中も、もう少し女優さんたちが意図せず感じてしまうような演出があってもよかったんじゃないでしょうか?男優が大変そうで、そっちに気がいってしまう。

着替えも大変そうなだけでイヤらしくはない。

「一日中ハメながらAV撮影できんのか」の本編動画はこちらから