【芹沢つむぎ】他と似たような作品と比べたら良いと思う。 – 肛門診療所 アナルに執着し開発するド変態医師 芹沢つむぎ

肛門診療所 アナルに執着し開発するド変態医師 芹沢つむぎ

アナルでしか興奮できない極度の変態の肛門科医師。

ロリフェイスの女性患者がアナルに違和感を持ち、診察にやって来ると、必要以上にアナルへの触診や浣腸後のトイレでの排泄を盗撮する。

検査入院という肩書きのアナル調教、日が経つにつれて女性患者は覚醒されアナルの快感へと目覚めてしまう。

「肛門診療所 アナルに執着し開発するド変態医師 芹沢つむぎ」の本編動画はこちらから

女優名: 芹沢つむぎ

表情がいい

モデルの不安げな表情がそそる。

アングルも悪くない。

肛門のアップもいい。

カメラが動きまわらずに安定している点と不必要なモザイクが無く、肛門がしっかり見えるのがいい。

ただ、浣腸のあとにトイレで排泄というのが非常に残念。

他と似たような作品と比べたら良いと思う。

診療所で患者が医師と看護師がグルになって、患者の肛門にイタズラをするという内容。

他の似た作品群と比べて、看護師などが居るのはリアルな感じがします。

医師が看護師の方を見てニヤついたり、浣腸など、凌●を誘う作品だとは思います。

ただ、良くない点も多い。

まず何か殺風景。

浣腸の後、トイレで排泄が×(浣腸器で何度か浣腸して、その場で排泄させるべきだったし、医師より看護師が浣腸をしながらニヤニヤして、医師も隣でニヤニヤした方が良い)女優も何か顔つきが寂しそうな感じだし、看護師もグルの割に強張った顔してて微妙。

結構看護師は見てるだけで補助が無い。

(肛門を侵されてる時に口にテープを張るんじゃなくて、看護師が手で押さえながら患者の胸を揉もんでニヤつくなどすれば良かった)作品のコンセプトは凄く良いのに何か残念でした。

「肛門診療所 アナルに執着し開発するド変態医師 芹沢つむぎ」の本編動画はこちらから

タグ: