【若葉加奈】どうして背面騎乗位が一本もないの? – ねとらせていた妻が本当にねとられてしまった。後悔のNTR 若葉加奈

ねとらせていた妻が本当にねとられてしまった。後悔のNTR 若葉加奈

普段は仕事も出来て優しい夫に実は秘密がある。

夫には「ねとられ願望」があり、会社で働く契約社員などを家に呼び、妻の加奈に誘惑させ寝取らせていたのだ。

そんなある日、とあるネットで知り合った野蛮な男を同居させ、自分の目の前で抱かれるよう加奈に命令する。

そして夫は男に時間と場所を指示し加奈をねとらせるのだが…次第にルールを破り加奈を求め、快楽へと導くその男に加奈は心までもねとられていくのだった…。

「ねとらせていた妻が本当にねとられてしまった。後悔のNTR 若葉加奈」の本編動画はこちらから

女優名: 若葉加奈

女優はいいんだが

加奈さんのエロいボディー、興奮して突き立った乳首、見事なイキっぷりなど大変いいんですが、私にはどうしてもこの寝取り役男優の突き出たアゴが気になって絡みに没頭できんのですよ。

おまけに柄も悪いし、誰が体の相性だけでこんな男と、今の暮らしを捨ててまでしてついていくもんかいと思ってしまう。

どちらかというと強●魔役にお似合いでしょう。

この設定には合わない。

エロい奥さん

夫に導かれるままに徐々に自分の中に潜む淫らな部分に気付いていく様子がエロいです。

夫以上の悦びを与えてくれる男に惹かれていく様子も良かったです。

ただ、夫を捨てる気持ちになるくらいには達しているようには思えなかったのは残念です。

そこは省略せずにきっちり堕ちる姿が見たいものです。

パフィーニップル

若葉加奈さんは、本当に興奮してくるとパフィーニップルになるのかな。

緊縛シーンでそう感じた。

なかなかエロい体だね。

エロボディを揺らしてのイキっぷりがいい

浴室での激しいカラミ、拘束玩具責めなどで後半にグッと盛り上がりを見せる。

妻が寝とらせ願望を持つ変態夫の「籠の鳥」的存在から自立してゆくドラマとして見ると味わい深い。

シリーズ前作の中森いつきに較べると若葉加奈のほうがキャラ的に作品のコンセプトに合っているように思われる。

けっして上手い演技ではないが素朴な味わいがあって、それが魅力かもしれない。

清楚な美貌と魅力的なバストがなかなかに得難い女優さんで、美しさもエロさも、そして性技力(特にフ〇ラ)も一作ごとに増している印象。

本作ではM字開脚で赤紐で椅子に拘束されて玩具責めを受けるシーンが彼女にとっては新しい。

今後の緊縛・奴●もの作品への出演も期待したい。

どうして背面騎乗位が一本もないの?

若葉加奈の作品はどうして背面騎乗位がないの?監督やスタッフは馬鹿なの?本当につまらん。

「ねとらせていた妻が本当にねとられてしまった。後悔のNTR 若葉加奈」の本編動画はこちらから

タグ: