【Hitomi(田中瞳)】ホントにエろいHitomi。 – M女専科 Hitomi

M女専科 Hitomi

媚惑のM女絵師「十六夜清心」が描く大人気コミックをJカップHitomiで完全実写化!お堅いキャリアウーマン財前千香子は、部下の失敗が原因で取引相手の男に抱かれ、さらにそれをネタに部下に嬲られ、羞恥と凌●の日々に堕ちていく!気高い女が影では嬲られ淫らなM女として快楽に貪り堕ちている姿を圧倒的迫力でお魅せします!!

原作の電子コミック『M女専科』はこちら!

「M女専科 Hitomi」の本編動画はこちらから

女優名: Hitomi(田中瞳)

原作はHitomiちゃんをモデルに描いたのでは?

電子コミックのサンプル画像で確認しましたが、余りにもHitomiちゃんに似すぎてましたね。

配信開始日が2008年ですから、そんな事は無いのでしょうけど正直ビックリしました。

この作品にHitomiちゃんが起用されたのは「顔が似ている事」と「バストの大きさ」と「Hitomiちゃんの演技力の高さ」から来ているのでしょうね。

今作は本番は4回と2時間半の作品にしては上々の回数。

どの本番も凌●感タップリでエロさ満点でした。

それにHitomiちゃんがメガネを掛けると意外と似合っていて、新たな発見が出来ましたね。

BGMの使い方や撮り方に「普通のAV作品」よりも、ワンランク上の工夫が見られたのも製作者に対し好感が持てました。

Hitomiちゃんの「メガネ姿」での凌●されっぷりを、他社の作品でも観てみたいですね。

細かい点は気になるけど非常にハイレベルな作品

よくこれだけ似てる女優さんがいたものだとまずは感心しました。

髪は黒くしておいてほしかったなあ。

あと声がキャンキャンした感じで、原作のイメージとは少し違ってましたがまぁよしって感じです。

だって他の部分はほとんど文句無しのデキでしたからね。

このデキでこのお値段なら文句なし☆今後も原作つきの作品を出し続けていってほしいですね。

なんだか

巨乳ずきな人にとってはたまらないと思うが正直巨乳すぎて逆にちょっとひいた何か残念でした。

フィニッシュのみが残念です

プレイは非常にいいです。

アングルなどもよくやることはやっています残念なのはこの作品に限らず最後精子を出す時ほとんど口に入っていないところが残念でした。

そこにこだわりがなければとても満足すると思います

Hitomiちゃん、エロい~スっ!!

Hitomiちゃんのドラマ仕立てのAV。

これまでも何本かありますが、今回は陵●系もろM女。

個人的には、S女系の彼女も好きなのですが…今回は無理やり犯られる&それがいつか快感に変わっていく美人キャリアウーマンを熱演しています。

原作の劇画は見たことはないのですが、ジャケットを見る限りはまあ、瓜二つ・彼女以外では実写は不可能だったのでは…と思われますよね~。

とにかく、彼女の爆乳&クビレは漫画に近いほど現実離れしてるってことの証明みたいな本作、彼女のファンならば必見です!

ホントにエろいHitomi。

原作は知らないけど、このかんじを実写で出すならHitomiしかいないですね。

彼女の作品はいろいろ見てますが、ノリノリで役に入っています。

すっごい色気です。

バリエーションも多く、デカイマラを集めてHitomiを犯したおします。

レンタル版なので☆1つ落とします。

「M女専科 Hitomi」の本編動画はこちらから