【RICA(彩音リカ)】小顔&小麦色の肌 – 神技!!天狗亜苦滅(テングアクメ) 第十四章

神技!!天狗亜苦滅(テングアクメ) 第十四章

完熟裸体に魔手が這い回る。

天狗の鼻が陰唇に突き刺さり、光悦、痙攣、絶叫…。

天狗秘伝の媚薬により敏感になった小麦色のスレンダーな躯を天狗達が執拗に責め倒す。

女は顔を歪め、快楽と苦痛の狭間に落ちていく。

涙の代わりに剥き出しになった肉唇からは大粒の恥汁が溢れる…。

「神技!!天狗亜苦滅(テングアクメ) 第十四章」の本編動画はこちらから

女優名: RICA(彩音リカ)

見えない

一番期待していたエンドレスシーンが暗くてどんな責めなのか見えなかった。

責め方が見えないのに「イク~!」と叫ばれてもなんのこっちゃ全く分からない。

よってこの評価。

展開も全く同じ。

期待するシーンがなければ手を出さないほうが無難です。

ザ・人でなしシリーズ

モデルに睡眠薬を飲ませ、昏●したところを拘束して凌●する鬼畜シリーズ。

電マ好きには外せない作品かなと思いますが、人によっては若干やりすぎに感じるかも。

RICAちゃんのスレンダーな体がローションでテカテカになりながら痙攣する様は必見です。

何度も何度も見ました。

長椅子に拘束されて目がさめた時、自分の状況と恐ろしげな天狗の姿に彼女は声を立てることもできません。

騙されて飲まされた媚薬で熱くなり敏感になった素肌を弄られて悶える彼女の肢体のなんと美しいこと。

天狗は一言も発せず、彼女は怯え続けるのですが、身体は媚薬の効き目もあって敏感に反応してしまい、拘束されて自由が効かないながらも逃れようとして身を捩り続けるのです。

気を失ったところから目覚めたとき、両腕は上に吊るされ、両足は大きく開かれて膝の裏で鉄パイプに固定されていることに気づきます。

閉じたくても大きく割り裂かれた両足は閉じることが出来ないのです。

なんと絶望的な状況でしょう。

そして何と天狗の鼻で犯●れることになります。

さらにはドリルバイブも使われて、彼女への陵●はまだまだ続くのです。

綺麗なお姉ちゃんでした。

綺麗なお姉ちゃんでした。

水着の跡がない小麦色の肌は、とても綺麗でした。

おっぱいもプリプリで、なんともそそられるお姉ちゃんでした。

ただちょっと興醒めだったのはむさぼる様なあの腰つき、グラインドさせる様なローリングさせる様な擦りつける様なあの腰つきが何ともスケベーながらも余裕で楽しんでいる様な、そんなお姉ちゃんでした。

プロかな?ある意味プロやな。

納得。

小顔&小麦色の肌

小顔&小麦色の肌が魅力的なRICA。

なので,ローションで,よりエロさが強調されます。

髪の毛までローションで濡らされ,よりリアルなエロさになっています。

チ○ポ状の天狗の鼻や電動ドリルバイブで,オ○ンコや口性器を犯●れ,アクメに達します。

もちろん,本物のチ○コによるファックも受け,イキまくるRICA。

お顔もボディーも綺麗なので,興奮度もアップ。

本編では,パッケージになっているシーンが暗くて残念ですが,このパケ写を見ながらオナれます。

「神技!!天狗亜苦滅(テングアクメ) 第十四章」の本編動画はこちらから