この世界観は・・・ – 名門アヌス女学園

名門アヌス女学園

ある時代、ある学園での、お尻の穴の物語。

ケツの操を健気に捧げてぽっかり開いた6つのアヌスが乱れ咲き!肛門バージンに拡張の洗礼、ペニバン女教師の肛門レッスンに、可憐な少女たちの中出しアナルファックなど、アヌス女学園での肛門遊戯溢れる授業が満載です!!

「名門アヌス女学園」の本編動画はこちらから

無駄な時間が多い

延々と肛門に指入れをする時間が続く。

複数の女子生徒の肛門に、小指を入れたり親指を入れたり、うんざりする。

内容も、アナル舐めとか最後にはアナルファックもするが、同じことを複数の女性にするので、時間稼ぎではないかとも思えてくる。

お勧めできない作品。

クロスワールドです

欧米にはない、国内にも比較しようがない。

独特の性器よりも卑猥なアヌスに拘ったクロスの世界です。

時代背景と制服のアンバランスは気になるが、映像の美しさと女優さんの体位と声に感心します。

その時代の暗さは・・

時代は戦時中の設定のようだが、生めや増やせやの時代にアナルセックスなど奨励する訳もなく、こんな時代背景でアナルのドラマを作ったのか良く分からない。

それに折角多くの女優を並べたのならみんなにアナル中出しをさせるくらいじゃないと他を圧倒は出来ないと思います。

おもしろい。

あえてアヌスと表現するところにこだわりがあるのでしょう。

“アヌス”好きには楽しい作品に仕上がってます。

何だこれ、怪作?

全体的に不気味な雰囲気。

前半のアナル調教は生ぬるい感じで物足りない。

最後にハードなファックシーンがあるけど、授業という設定だからか気持ちよさが伝わってこない。

この世界観は・・・

この世界観は好き嫌いがわかれるところだけど・・・時代背景としてはもう少しクラシックなセーラーでもよかったのでは・・・・。

アヌスで感じているっていうよりは授業でアヌスを提供しているって風に被虐的にみれればおもしろい。

「名門アヌス女学園」の本編動画はこちらから