全体的にいいだけに、最後の子はなに? – 司書の私(レズビアン)が勤める図書館には時々、恥ずかしそうにしながらHな書籍(官能小説、How to本、ヌード本など)を探しに女子がやって来る。

司書の私(レズビアン)が勤める図書館には時々、恥ずかしそうにしながらHな書籍(官能小説、How to本、ヌード本など)を探しに女子がやって来る。

私が司書を務める図書館にある官能小説やヌード画集を見て興奮してパンツを濡らしているウブな女性たち。

彼女たちはレズビアンの私にとって大好物。

親切心で一緒に本を探すフリをして彼女を誘惑し濃厚なディープキスでその気にさせたら、吐息や音が漏れるほどのレズプレイで私も彼女も絶頂に達するまでイッちゃいます。

「司書の私(レズビアン)が勤める図書館には時々、恥ずかしそうにしながらHな書籍(官能小説、How to本、ヌード本など)を探しに女子がやって来る。」の本編動画はこちらから

エロくやればいいってもんじゃない

図書館の中でエッチしてるだけで面白くないと思う。

エロモードで迫ってるのもだめ。

店員と客のラインをきちんとしてそれで強引に責めほかの客に気付かれてもかまうことなくやっちゃうみたいな。

いつも客がスルーでは面白くない。

みんなの視線がある中で堂々と愛し合え

2から見る僕が悪い

レズものなのでパワー不足なのはわかっているけど、名前の分かる経験値多い女優が多いが2に比べるとかなりソフト。

演出の責任が大きいし2で改善されてるので、まあ文句はない。

出演者

出演者:長瀬涼子/初美沙希/通野未帆 ほか 司書:朝倉ことみ/Maika 計6名。

この場合は、もっと

他のメーカーでも同じよな作品がありますが今回は、Hな書籍を自ら読んで想像して、既に欲求不満な女の子達の設定なので、どの作品にも負けないぐらいメチャ、淫乱に激しく感じて、乱れて欲しかったかな?恥ずかしそうな、うぶな感じは、冒頭だけで十分なので他の作品との差別化の為にも、そこらへんを工夫して欲しかった。

全体的にいいだけに、最後の子はなに?

素人レズハント的な世界観が割りと好きで、演技やよだれ感含めかなり良質な作品なんですが、最後のこういうたまにいるやる気のない子はなんなんですかね。

レズNGなら出ないでほしいし、出るならちゃんとやってほしい。

メインの女優の方もなんとか乗せようと頑張っているのが余計見てて辛い。

一番かわいかっただけに、最後の子だけはとても残念

「司書の私(レズビアン)が勤める図書館には時々、恥ずかしそうにしながらHな書籍(官能小説、How to本、ヌード本など)を探しに女子がやって来る。」の本編動画はこちらから