【紺野ひかる, 桜木優希音, 羽生アリサ(羽生ありさ)】マイルド感 – 催●光線で支配されたママさんバレーチーム

催●光線で支配されたママさんバレーチーム

催●光線4作目!今回の舞台はママさんバレー!主人公の鈴木はイケメンコーチ太田の補佐&雑用係で冴えない性格。

スズキは人妻達にこき使われて、ひどい仕打ちをされていた。

催●光線を手に入れた鈴木は、これまでの恨みを晴らす為に、自由自在に支配して人妻に性欲をぶつけていく!卑猥なポーズと夫の前でNTRは必見!

「催●光線で支配されたママさんバレーチーム」の本編動画はこちらから

女優名: 紺野ひかる, 桜木優希音, 羽生アリサ(羽生ありさ)

紺野ひかるだけでも買う価値あり

紺野ひかるがめちゃくちゃ可愛かったです。

他の二人は演技も含めてイマイチな感じがしたので紺野ひかるがいなかったら買ってないですね

全裸立ちはスタイルの善し悪しが判明する

主人公に辛く当たった人妻に対する復讐劇なのであるが。

優しくしてくれたので気持ち良くしてあげよう 等と言って結局3人とも陵●してしまうのが笑えた。

よかった

とてもよかったです催●ものに関してはこのメーカはまちがいないかと

この監督の作品はハズレ回

このシリーズの大ファンで全作品購入していますが、監督が作品ごとに違い作風も大きく変わります。

今作は菅原某という監督みたいですが、この人の回はダメですね。

稚拙な演出と棒読みの芝居でせっかくの設定とストーリーが台無しです。

なぜ同じ脚本家がついていてここまで酷い作品になるのか疑問です。

まず、最初の催●導入の際にシリーズ恒例の復唱なし。

そのくせやたらと画面に文字を出し説明する。

誤認系の催●でザーメンをドリンクだと思わせるのにいきなり女性が発情する。

そもそも催●状態と正気の状態の境目が曖昧なため終始ボソボソ喋る女性たち。

と、いったように不満点が数えきれません。

とはいえ設定や世界観、エロシーンのアイデアは相変わらず抜群なので監督を変えて撮り直して欲しいと切に願います!とりあえず菅原某はクビにして!

MC木村氏

羽生ありさの巨乳が良かったね。

このシリーズはMC木村氏の監修となっている事が凄い。

催●光線シリーズの一作目は気が狂うように乱射した。

最近新作出ないね。

出してよー。

催●モノ好きのポイント

自分としてはシリーズ中、もっとも良かった。

特に、10回突いたら、「奴●化」が良かった。

嫌がる相手を、最中にあるキーワードで即「淫乱化」「奴●化」そんなシチューエーションを今後のシリーズにも是非採用してほしい。

シリーズで1番良かった

やっぱ奴●に変わるギャップが良かった!次の作品にもお願いします!

マイルド感

マンネリ感を打破しようとしたのかも知れませんが、男優さんが今までのシリーズと替わっています。

悪くはないのですが、その為に今まであった邪悪感が少し薄れてしまったと感じました。

「催●光線で支配されたママさんバレーチーム」の本編動画はこちらから